すっきりフルーツ青汁の牛乳割りの味とカロリーは?

すっきりフルーツ青汁の口コミと効果は?30人の口コミをまとめてチェック!

 

 

すっきりフルーツ青汁はおいしく飲める青汁です。
水に混ぜて飲むと、フルーツジュースみたいな味でとてもおいしいと評判です。

 

青汁=まずいというイメージを壊してくれる青汁なんです。

 

すっきりフルーツ青汁は水以外のものに混ぜて飲むこともできますが、人気なのが牛乳に混ぜる飲み方です。

 

そこでこの記事では、すっきりフルーツ味を牛乳で割ったときの味やカロリーなどについて、詳しく紹介したいと思います。

 

 

 

どんな味になる?

すっきりフルーツ青汁は牛乳で割るとどんな味になるのか、口コミを集めてみました。

 

何でも合いやすい味のすっきりフルーツ青汁ですが、牛乳で割るとよりおいしいという口コミが多いです。

 

牛乳との相性は良いようですね。

 

牛乳割りに関する口コミ

いろいろ試してみましたが、牛乳に混ぜるのが一番飲みやすかったです。

水に混ぜると青汁って感じがしますが、牛乳で割ると味も見た目も抹茶ミルクみたいになっておいしいです。

牛乳はあまり好きではないのですが、すっきりフルーツ青汁を入れると甘くなって飲みやすくなります。

牛乳で割ると水よりもまろやかな感じになります。

牛乳はおいしいしお腹もちも良くなるのでおすすめです。

 

カロリーはどのくらい?

ダイエット中は口にするもののカロリーが気になりますよね。
すっきりフルーツ青汁は牛乳で割るとどのくらいのカロリーになるのでしょうか。

 

牛乳のカロリー

一般的な牛乳…100グラム67キロカロリー

 

濃厚牛乳…100グラム73キロカロリー

 

低脂肪牛乳…100グラム46キロカロリー

 

脱脂牛乳…100グラム33キロカロリー

すっきりフルーツ青汁は、1包11.7キロカロリーとなります。

 

混ぜる目安は約100mlなので、100グラムのカロリーに11.7キロカロリーを足せばだいたいのカロリーは算出できます(牛乳は1グラム=約1.05グラム)。

 

牛乳割りでも低カロリー

普通の牛乳にすっきりフルーツ青汁を混ぜても、78.7キロカロリーです。
100キロカロリーにも満たないので低カロリーといえるでしょう。

 

少しでも摂取カロリーを抑えたいのであれば、低脂肪牛乳を利用するのがおすすめです。
57.7キロカロリーにしかならないのでダイエット中でも飲みやすいですね。

 

牛乳割りは栄養が摂れる

すっきりフルーツ青汁を飲むと、ビタミン類、ミネラル、アミノ酸、酵素、乳酸菌などの栄養素を摂ることができます。
牛乳で割ればカルシウムを補給することもできてしまいます。

 

牛乳の栄養

牛乳にはカルシウムを筆頭に、ビタミンB2、ビタミンB12、パントテン酸、リン、脂質、レチノール、タンパク質、亜鉛、カリウム、亜鉛などが含まれています。
栄養満点なので、ダイエット中でも栄養不足になりにくいです。

 

女性は骨粗しょう症になりやすく、カルシウムはしっかり取っておきたいところ。
すっきりフルーツ青汁+牛乳で、カルシウム不足を解消したいですね。

 

すっきりフルーツ青汁の牛乳割りのメリット

すっきりフルーツ青汁を牛乳で割るメリットをまとめました。

 

おいしくなる

もともとおいしいすっきりフルーツ青汁ですが、牛乳で割るとよりおいしいと感じる人が多いようです。
牛乳が苦手でも、すっきりフルーツ青汁を入れると飲めるという方もいました。

 

すっきりフルーツ青汁はあっさりした味で、水だと薄すぎて物足りないと感じやすいですが、牛乳で混ぜると満足感が出るいう声もあります。

 

おなかもちが良くなる

すっきりフルーツ青汁で置き換えダイエットをしている人は、牛乳を使っている人も多いようです。
おなかもちが良くなるのでダイエットに成功しやすいのだとか。

 

空腹感はとてもストレスたまります。
少しでもおなかもちが良くなるのはダイエッターにはありがたいですね。

 

カルシウムを摂れる

牛乳で割ることにより、すっきりフルーツ青汁の栄養+カルシウムを摂ることができます。
体に必要な栄養価がアップするので、健康にも美容にも良い効果が期待できます。
しかも、ダイエットができてしまうのだから、すっきりフルーツ青汁+牛乳って最強かもしれません。

 

すっきりフルーツ青汁の牛乳割りのデメリット

牛乳で割るのは、すっきりフルーツ青汁おすすめの飲み方です。
ただ、デメリットもあります。
考えられるデメリットとその対処方についてです。

 

下痢をすることがある

牛乳を飲むとお腹を壊すという人は少なくありません。

 

牛乳に含まれる乳糖を消化できない体質の人は牛乳を飲むと下痢をしてしまうんですね(日本人は特に多いそうです)。

 

牛乳で下痢をしてしまう人は、すっきりフルーツ青汁を混ぜても下痢をしやすいので気を付けましょう。

 

牛乳が飲めない人は豆乳にまぜる方法もあります。
豆乳も牛乳と同じように、すっきりフルーツ青汁をおいしく飲めます。

 

カロリーが高くなる

牛乳は水や無糖の炭酸水で割るよりも、カロリーが高くなってしまいます。
水や炭酸水はカロリーゼロなので、すっきりフルーツ青汁の11.7キロカロリーを摂取するだけ。

 

しかし、牛乳は普通の牛乳で100グラム=67キロカロリーくらいです。
すっきりフルーツ青汁のカロリーと合計すると、78.7キロカロリーとなります。

 

水に比べると、やっぱりカロリーは高くなってしまいますね…。
カロリーが気になる人は、カロリーが低い低脂肪牛乳を使うと良いでしょう。

 

低脂肪牛乳なら100グラム=46キロカロリーなので、普通の牛乳よりはカロリーを抑えることができます。

 

牛乳は水に比べるとカロリーは高いですが、決してカロリーが高い飲みものではありません。

 

飲みすぎなければカロリー過多にはなりにくいです。
牛乳は栄養価が高いですしおいしいので、ダイエット中でもおすすめです。

 

赤いつぶつぶが残る?

質問サイトに「すっきりフルーツ青汁を牛乳で割って飲むと、コップの底に赤いつぶつぶが残るのは何ですか?」という質問がありました。

 

緑のつぶなら野菜の粉末?かとも思いますが、赤いつぶってなんだか不気味ですよね。
これは、すっきりフルーツ青汁に含まれている、フルーツのつぶではないかということでした。

 

すっきりフルーツ青汁には、たくさんのフルーツエキスが含まれています。
ストロベリー、アセロラあたりのつぶが残っているのではということでした。

 

豆乳で割る飲み方

牛乳がどうしても苦手、大豆イソフラボンと摂りたい…という人は、すっきりフルーツ青汁を豆乳で割って飲んでいるようです。

 

豆乳の栄養

豆乳にはビタミンE、銅、葉酸、鉄、ビタミンK、脂質、マグネシウム、タンパク質、ビタミンB1、カリウム、亜鉛、カルシウム、リン、パントテン酸などが含まれています。
たくさんの栄養が詰まっていますね。

 

豆乳のカロリー

豆乳は製造メーカーにより、カロリーが変わってきます。
100ミリリットル当たり、44キロカロリーもあれば、53キロカロリーもあり、77キロカロリーある豆乳もあります。

 

パッケージにカロリーの表示があるかと思いますので、確認してみてくださいね。
カロリーが気になる方は、なるべく低カロリーの豆乳を選ぶと良いでしょう。

 

まとめ

すっきりフルーツ青汁を牛乳で割ると、おいしく飲むことができます。
しかも、カルシウムなどたくさんの栄養を摂ることができます。

 

水よりもカロリーが高くなってしまいますが、おなかもちがよくなるので空腹によるストレスを緩和できます。
結果的には水よりも牛乳のほうがダイエットに成功しやすくなる人もいそうですね。

 

すっきりフルーツ青汁の牛乳割りは、ぜひ試してほしい飲み方です。